リッチモンド連銀総裁:追加策は信頼性の「限界試す」ことに

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は、金融面での追加の景気刺激策が成長を押し上げる可能性は低く、金 融当局の信頼性の「限界を試すことになる」と述べた。

総裁はメリーランド銀行協会で講演。事前原稿によると、「いずれ かの時点で、政策金利引き上げとバランスシートの規模縮小により刺激 策を解除する必要がある。バランスシートの規模が大きくなればなるほ ど、一見ささいな政策ミスに対する金融当局の脆弱さが増すことにな る」と述べた。

ラッカー総裁は昨年、連邦公開市場委員会(FOMC)での投票権 を有し、全ての会合で反対票を投じた。

総裁はこの日、「金融面での追加刺激策が経済の拡大ペースを著し く速める可能性は低く、またそうした行動は金融当局の信頼性の限界を 試すことになる」と自身としては考えていると述べた。

原題:Lacker Says Fed Policies Will ‘Test the Limits’ of Credibility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE