欧州株:約1年10カ月ぶり高値に上昇-米雇用統計を好感

4日の欧州株式相場は上昇。ストッ クス欧州600指数は約1年10カ月ぶり高値を付けた。この日発表された 米国の経済統計で、昨年12月の堅調な雇用増加や非製造業の活動拡大が 示され、買い材料となった。

ベルギーのバイオ医薬品会社トロンボジェニクスは3.3%高。視力 回復治療薬の米国での発売日確認が好感された。銀採掘会社の英フレス ニーヨは4%下落。UBSによる投資判断引き下げが響いた。英産金会 社ランドゴールド・リソーシズは金相場下落を嫌気して4.1%の値下が り。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%高の287.83で終了し、2011年 2月以来の高値。今週全体では3.3%値上がりした。

キャンター・インデックスの市場ストラテジスト、デービッド・ビ ュイック氏は米雇用統計の「数字は相場が本当に急騰するほどの素晴ら しさではなかったものの、市場の受け止め方はかなり良かった」と指摘 した。

12月の米雇用者数はほぼ前月並みの伸びを続け、失業率も前月から 変わらずだった。米労働省の発表によると、非農業部門雇用者数(事業 所調査、季節調整済み)は前月比15万5000人増。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミストの予想中央値は15万2000人増だった。前月 は16万1000人増に上方修正された。失業率は7.8%。

また、米供給管理協会(ISM)が発表した12月の非製造業景況指 数は56.1と、前月の54.7から上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト予想の中央値は54.1だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目 を示す。

この日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が上昇し た。

原題:European Stocks Advance to 22-Month High After U.S. Jobs Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE