中国人民元NDF、2週間ぶり大幅安-FOMC議事録が影響

中国人民元のノンデリバラブル・フ ォワード(NDF)は4日、2週間ぶりの大きな下げとなった。米連邦 準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC) 議事録で、債券購入プログラムが年内に終了する可能性が示された。

中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを0.07%元安方向の1 ドル=6.2897元に設定。これは昨年11月28日以来の大きな引き下げ。

ブルームバーグの集計によれば、元の1年物NDFは香港時間午後 4時56分(日本時間同5時56分)現在、0.09%安の6.3195元と、先月21 日以来の大きな下げ。香港オフショア市場では、人民元は0.14%安 の6.2145元で、こちらも同月21日以来の大幅安となった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で6.2303元と、前営業日の先月31日終値と同水準で終了した。

原題:Yuan Forwards Fall by Most in 2 Weeks as Fed May End Bond Buying(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE