菅官房長官:日銀総裁は首相に考え方近い人物選考、官僚OB排除せず

菅義偉官房長官は4日午後、内閣記 者会とのインタビューで4月に任期を迎える日本銀行の白川方明総裁の 後任には安倍晋三首相の考え方に近い人を選ぶことが最優先で、官僚出 身者も最初から排除しない方針を示した。

菅氏は次期総裁人事について「安倍内閣として円高是正、デフレ脱 却が最優先でもあり、ふさわしい方を人選する」と指摘。参院で与党が 過半数に満たない状況も踏まえ、「野党に協力してもらわないとできな いので、考え方を野党に根気強く、粘り強く説明してなんとか賛同して もらえる、そういう努力をしながら同意人事を行っていきたい」と語っ た。

官僚出身者を除外するかどうかについては「安倍首相の考え方に理 解を示してくれることが最優先で、そこを基本に考えたい。最初からふ るいにかけるということをすべきではない」と述べた。その上で、「考 え方が近い人で野党からも理解を得られる人」と強調した。

アジアとの関係に関しては過去の戦争への「反省」と「おわび」を 明記した1995年の「村山談話」も引き継ぎつつ、未来志向の「安倍談 話」を発表する方針も明らかにした。

北朝鮮が日朝の政府間協議再開を打診したとの一部報道については 「北朝鮮からそういう意向があるかどうかということはまだ承知してい ないが、体制が代わってそういう雰囲気が出てきているということだけ しか聞いていない」と述べるにとどめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE