中国:12月の住宅価格は7カ月連続上昇、販売増加で-捜房

中国の昨年12月の新築住宅価格は、 7カ月連続で上昇。価格が再び急騰するとの懸念で販売が増えたことが 影響した。同国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房が4日発表し た。

捜房が電子メールで配布した資料によれば、12月の住宅価格は前月 比0.23%上昇の1平方メートル=9715元(約13万6800円)。調査は100 都市を対象に行われた。東北部の黒竜江省ハルビンは3.7%上昇と、最 も大きな値上がりとなった。

CEBMグループのアナリスト、羅雨氏(上海在勤)は同日のリポ ートで「不動産市場のファンダメンタルズの改善ペースが次第に速まっ ていることから、今年前半に住宅価格がさらに上昇する公算は大きい」 と指摘。その上で、「住宅価格に対する当局の容認度は高まっている が、価格への不安が増大すれば政策調整を余儀なくされる可能性があ る」と予想した。

12月の住宅価格は前年同月比では0.03%上昇。11月までは、前年同 月比で8カ月間値下がりしていた。

原題:China Home Prices Gain in Seventh Month on Recovery, SouFun Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE