中国:昨年12月のHSBCサービス業PMI、拡大鈍化示す

中国のサービス業活動は昨年12月、 拡大ペースが前月から鈍化した。英HSBCホールディングスとマーク イット・エコノミクスが4日発表した。

12月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は51.7と、11月 の52.1から低下。PMIは50がサービス業活動の拡大と縮小の境目を表 す。HSBCは企業がここ2年余りで最も速いペースで従業員を増やし ており、事業の改善に「楽観的」だとのコメントを出した。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 資料で、「12月のサービス業PMIの低下にもかかわらず、雇用の伸び などの点でサービスセクターの基礎的な力強さは改善された」と指摘。 「製造業の伸びがさらに強まっていること」を加味すると、昨年10-12 月(第4四半期)の中国経済成長率が約8%となったもようであること を示唆しているとの認識を示した。

国家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した12月の非製造業 PMIは56.1に上昇し、4カ月ぶり高水準を示していた。

HSBC China Services PMI at 51.7 for Dec. Vs 52.1 for Nov. (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE