米サンパワー株が7年ぶり大幅高-投資判断引き上げで

3日のニューヨーク株式市場で、太 陽電池パネルメーカーの米サンパワーが約7年ぶりの大幅高となった。 同社は2日、資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米保険・投資会社 バークシャー・ハサウェイの電力部門に太陽光発電プロジェクトを25億 ドル(約2190億円)で売却することで合意したことを明らかにし、ラザ ード・キャピタル・マーケッツが投資判断を引き上げた。

サンパワーの株価は前日比48%高の9.07ドルと、2005年11月17日以 来の大幅高で終了した。

ラザードのサンジャイ・シュレスサ氏らは3日付の顧客向けリポー トで、バークシャーの電力部門ミッドアメリカン・エナジー・ホールデ ィングスによる太陽光発電プロジェクト買収で、サンパワーのコストは 軽減し、14年にかけて収益の押し上げに寄与すると指摘。サンパワー株 の投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げた。ラザードは サンパワーの目標株価を11ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリス ト10人の平均目標株価(5.68ドル)の約2倍に設定している。

原題:SunPower Jumps on Upgrade Post Buffett Deal: San Francisco Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE