ベルサニ党首は連携する勢力の一部を切るべきだ-モンティ氏

イタリアのモンティ暫定首相は、世 論調査で支持率1位となっている民主党のベルサニ党首(書記長)につ いて、総選挙後に連立政権を組む上では同党が連携する勢力の一部との つながりを断つ必要があるかもしれないと述べた。

現行の選挙規則の下では、いずれの政党も上院で議席の過半数を得 ることは困難。ベルサニ党首が上下両院で過半数を獲得できず、モンテ ィ氏と連携する必要が生じた場合、同党首を支持する中核勢力の一部に とっては、モンティ氏が表明している労働市場の一段の改革が障害であ ることが明確になる公算が大きい。

モンティ暫定首相は国有テレビRAIとの3日のインタビューで、 総選挙後にベルサニ党首との連携を検討するかと問われ、「私は極端な 主張をする勢力を切るのは常に良いことだと考えている」と語った。総 選挙は2月24、25日に実施される。

ベルサニ党首はかつて共産主義者で、イタリア最大の労働組合のほ か、モンティ暫定首相の緊縮策に反対するプーリア州のベンドラ知事の 支持を受けている。先月公表された25ページの公約集でモンティ氏が示 した措置については、民主党が支持するのはその一部のみとの考えを既 に表明している。

原題:Monti Says Bersani May Need to Drop Allies to Govern Italy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE