IMFブランシャール氏:財政再建の成長への影響は想定以上

国際通貨基金(IMF)のチーフエ コノミスト、オリビエ・ブランシャール氏は、緊縮財政が欧州経済の成 長を想定以上に抑制しているとの調査結果を示した。IMFがここ数カ 月、ギリシャやポルトガルといった国々に対し以前より緩やかな財政政 策を提示していることに沿うものだ。

ブランシャール氏と同僚のダニエル・リー氏が3日に公表した調査 報告は、財政再建が成長に与える影響を示すいわゆる財政の乗数効果は 債務危機の際にアナリストらが想定したよりもかなり大きいとした。

両氏は今回の分析結果について特定の国の政策について論じたもの と捉えるべきではないとしているものの、最近の欧州に関するIMFの 提言は両氏の影響力が大きいことが示されている。ギリシャとポルトガ ルは外部からの救済プログラムの下で財政目標の達成に向け一段の時間 的猶予を与えられており、またIMFはラトビアの歳出削減は行き過ぎ との見解を明らかにしている。

ただブランシャール、リー両氏は「この分析結果は財政再建が好ま しくないと示唆しているわけではない」と指摘し、「財政政策が経済に 与える短期的な影響は、どの国にとっても財政再建の適切なペースを決 定していく上で検討が必要となる数多くの要素の一つにすぎない」と説 明している。

原題:IMF’s Blanchard Defends Findings on Growth Impact of Budget Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE