米企業の社債保証コスト、上昇-議事録がマイナス材料

3日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇。米金融当 局が毎月850億ドル(約7兆4200億円)の債券購入を2013年中に終わら せる可能性があることが示され、これがマイナス材料となった。

ブルームバーグ・ニュースが集計したデータによると、北米企業の 信用リスクの指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレ ッドは、ニューヨーク時間午後5時4分(日本時間4日午前7時4分) 現在、0.6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の85.7b p。

米連邦準備制度理事会(FRB)が3日公表した連邦公開市場委員 会(FOMC、昨年12月11-12日開催)の議事録では、資産購入を続け る期間をめぐり参加者の間で意見が分かれたことが示された。給与明細 書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッシング (ADP)リサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく 集計調査では、12月の米民間部門の雇用者数が10カ月ぶりに大幅増加し たことが示されたものの、議事録を受けて市場では、景気刺激策の縮小 に伴い企業の債務返済が一段と困難になりかねないとの懸念が強まっ た。

コンキャノン・ウェルス・マネジメントのノエル・へバート最高投 資責任者(CIO)は電話インタビューで、「市場は低金利政策と量的 緩和(QE)が期限を設けずに続くと思っていたため、非常に失望し た」と語った。

原題:U.S. Company Credit Swaps Climb; Ford Issues $2 Billion of Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE