NY銅:下落-米債務上限引き上げの交渉難航との懸念で

3日のニューヨーク銅先物相場は3 営業日ぶりに下落。米政府・議会による債務上限の引き上げ交渉が難航 し、経済成長や需要見通しが悪化する恐れがあるとの懸念から値を下げ た。

銅相場は前日、米財政合意を受けて約3カ月ぶりの大幅高を演じ た。インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「市場は 2日に浮かれすぎていた」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比0.5%安の1ポンド=3.717ドル。2日の銅相場は昨 年9月14日以来で最大の上昇。

銅相場はドルが対ユーロで3週間ぶりの高値を付けたことも下げ材 料となった。

原題:Copper Futures Decline in New York on U.S. Debt-Limit Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE