ベイナー下院議長、再選の見通し-共和党内からは反対の声も

3日に新たな会期が始まる米下院で は、ベイナー現議長が2期目の再選を果たすとみられている。ただ共和 党幹部の間でベイナー議長の発言力が弱まっており、政策実施の推進力 が低下しつつある。

ベイナー議長は、共和党の活動家や党内指導者から増税反対という 共和党の信条を曲げていると批判を浴びてきた。

昨年11月の選挙で下院議員に当選したスティーブ・ストックマン新 議員(テキサス州)は、有力なライバルはいないもののベイナー議長の 再選には反対する意向を表明している。

ストックマン氏は声明で、「財政政策で議論が生じるたびにベイナ ー議員は国民に『次回こそは』歳出削減を実現すると言明してきた」と 指摘。「財政責任いやベイナー議員にとって『次回』は存在し得ない」 と続けた。

原題:Boehner Set to Stay Speaker as Party Base Decries Tax Vote (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE