麻生財務相がミャンマー大統領と会談-500億円の円借款を供与へ

麻生太郎副総理兼財務相は3日、訪 問先のミャンマーでテイン・セイン大統領ら政府関係者と会談し、同国 に対し日本が500億円の円借款を3月までに供与するとともに、5000億 円の延滞債権を解消する方針を確認した。日本政府関係者が明らかにし た。同相は会談後、記者団に対し、ミャンマーが民主的改革を続けるこ とが必要だと述べ、日本政府として同国の経済成長の支援を継続する方 針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE