1月3日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対ユーロ上昇-債務協議や議事録が材料

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロに対し3週間ぶり高値 に上昇。債務上限の引き上げ合意に向けた米議会の協議は順調には進ま ないとの観測から、安全資産としての需要が高まった。

円とドルは主要通貨の大半に対して値上がり。米連邦準備制度理事 会(FRB)が3日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、昨年12 月11-12日開催)の議事録によれば、金融当局は毎月850億ドルの債券 購入を2013年中に終わらせる可能性がある。ブラジル・レアルは主要16 通貨全てに対して上昇。中央銀行がレアルの一段の上昇を容認するとの 観測が背景にある。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「FOMC議事録に反 応しドルは上昇した。初めて緩和策の一部を縮小させる考えを検討した ことが示された」とし、「FOMCの低金利政策はこれまで、ドル安の 主な要因となってきた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対し前日比1%高 の1ユーロ=1.3049ドル。一時1.3047ドルと、12月13日以来の高値を付 けた。円は対ユーロで1.2%上げて1ユーロ=113円84銭。対ドルで は0.1%上昇の1ドル=87円24銭。一時87円36銭と、2010年7月以来の 円安・ドル高水準となった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は80.443.一時0.8%高の80.463を付けた。

FOMC議事録

FOMC議事録では、現行の資産購入を続ける期間をめぐり参加者 の間で意見が分かれたことが示された。これも手掛かりにドルはユーロ に対する上げを拡大した。

連邦債務は12月末に現行の法定上限である16兆4000億ドルに達して おり、政府運営費の調達方法が2月か3月には尽きるとの懸念が広がっ ている。こうした中、円とドルは主要通貨の大半に対して値上がりし た。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の シニア外為ストラテジスト、ポール・ロブソン氏(ロンドン在勤)は 「今年最初の数カ月間はずっと、財政政策と金融政策が投資家の一番の 関心事になるだろう」と述べた。

同氏はドルが年末までに1ユーロ=1.19ドルに上昇するとの予想を 示した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の中央値は1.27ド ル。

ボラティリティ

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は2日連続で低下し、一時7.54と12月21日以来の低水準を付けた。

ブラジル・レアルは一時0.6%高の1ドル=2.0334レアル。インフ レ抑制のためブラジル中銀がレアルの一段の上昇を容認するとの見方が 広がった。その後は上げ幅を縮め、2.0457レアルとなっている。レアル は2012年に9%下落した。

原題:Dollar Gains on Debt-Ceiling Speculation, Fed-Purchase Outlook(抜粋)

◎米国株:下落、FOMCが年内の資産購入終了を考慮

3日の米国株は下落。昨年12月11-12日開催時の米連邦公開市場委 員会(FOMC)の議事録で金融当局が債券購入を2013年中に終わらせ る可能性があることが示され、売り材料となった。

医療保険のユナイテッドヘルス・グループは4.7%下落。ドイツ銀 行が同社の株式投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げたこと が嫌気された。小売りチェーンのロス・ストアーズとTJXはいずれも 上昇。12月の既存店売上高がアナリスト予想を上回った。

S&P500種株価指数は0.2%安の1459.37。ダウ工業株30種平均 は0.2%下げて13391.36ドル。

ボストン・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、ジェーム ズ・ガウル氏は、「金融当局が資金供給を終了しつつあるとの懸念は明 らかに市場にある程度の不安を与えた可能性がある」と述べ、「これま で考えてきたことが売り材料となった。つまり、今までは金融当局によ る資金供給に支えられた上げだったということだ。金融資産インフレを 引き起こそうと当局が供給してきた流動性が相場を押し上げていた」と 続けた。

金融当局は2008年12月以降、政策金利をゼロ付近で据え置き、3度 にわたる量的緩和で景気浮揚を目指している。

FOMC議事録

FOMC議事録では、資産購入を続ける期間をめぐり参加者の間で 意見が分かれたことが示された。予想を示した参加者を見ると、13年半 ばごろに終了するのが適切と指摘した参加者と、年央以降も続けるべき だとした参加者の割合は「ほぼ半々」だった。

議会は早ければ2月中旬に16兆4000億ドルの債務上限引き上げを承 認する必要があるとみられている。共和党はこの案件を利用して、メデ ィケア(高齢者向け医療保険制度)といった社会保障制度の縮小受け入 れを大統領に迫る考えだ。

米格付け会社ムーディーズ ・インベスターズ・サービスは2日公 表した資料で米議会で成立した財政合意は同国の格下げ回避に十分な赤 字削減にはつながらないと指摘した。同社は米国の格付けを最上位の 「AAA」に設定する一方、見通しについては「ネガティブ(弱含 み)」としている。

ADPの民間雇用統計

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが 発表した給与名簿に基づく集計調査によると、昨年12月の民間部門の雇 用者数は前月比で21万5000人増加した。ブルームバーグがまとめたエコ ノミストの予想中央値は14万人の増加だった。この統計内容を好感して 株式は一時上昇していた場面もあった。

また先週の米新規失業保険申請件数は市場予想を上回った。労働省 が4日発表する昨年12月の雇用統計では15万人の雇用増が見込まれてい る。前月は14万6000人増加。12月の失業率は前月と同じ7.7%が予想さ れている。

ウェスタン・アセット・マネジメントのクリストファー・オーンド ルフ氏は、「この日は前日の財政合意と翌日の雇用統計の間に挟まれた 興味深い日だ」と述べ、「投資家はまだ前日のニュースと、今後2カ月 間は続く債務上限引き上げ交渉の結果とその影響を見極めようとしてお り、さらにあす発表の雇用統計に注目している」と続けた。

バイオジェン

バイオテクノロジー企業バイオジェン・アイデックは下落。治験薬 の臨床試験で効果が出なかったことが嫌気された。

ロスとTJXはそれぞれ8%と3.3%上昇した。リテール・メトリ クスのリポートによると、小売り20社以上の12月の既存店売上高 は4.8%増、予想では3.4%増だった。

自動車株は上昇。S&P500種グループ別24指数の中で最も上げ た。フォード・モーターは2%、ゼネラル・モーターズ(GM) は2.4%の値上がり。12月の米自動車販売が好調だったことが好感され た。

原題:U.S. Stocks Fall as Fed Sees Bond Purchases Ending This Year(抜粋)

◎米国債:3日続落、FOMC議事録が国債購入終了に言及

米国債相場は3日続落。10年債利回りは約7カ月ぶりの水準に上昇 した。連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、一部のメンバー が2013年中の債券購入終了の可能性に言及したことが明らかになり、売 りが続いた。

12月の民間部門の雇用者数が増加し、4日発表の雇用統計が予想を 上回るとの見方が強まり、米国債市場では売りが先行した。前日は議会 が大半の世帯の所得税増税を避ける法案を可決し、行き詰まっていた 「財政の崖」回避の方法をめぐる交渉で妥結したことが売り材料だっ た。議会は次に連邦債務上限引き上げの問題に取り組む必要がある。債 務は12月末に現行の法定上限である16兆4000億ドルに達した。

SEIインベストメンツで80億ドルの資産運用に携わるショーン・ シムコ氏は「数人のFOMCメンバーが資産購入の中止に言及したこと で相場水準が一変した」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時7分現在、10年債利回りは前日比7ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の1.90%。一時は1.91%と5月10日以来の高水準 となった。同年債(表面利率1.625%、2022年11月償還)価格は18/32下 げて97 1/2。

30年債利回りは8bp上昇の3.12%と、5月4日以来の高水準。

議事録

議事録では、資産購入を続ける期間をめぐり参加者の間で意見が分 かれたことが示された。予想を示した参加者を見ると、13年半ばごろに 終了するのが適切と指摘した参加者と、年央以降も続けるべきだとした 参加者の割合は「ほぼ半々」だった。

FOMCは12月11-12日の定例会合で、政府支援機関の毎月400億 ドル規模の住宅ローン担保証券(MBS)購入に加え、米国債を毎 月450億ドル購入する方針を表明。資産購入プログラムを総額850億ドル に拡大した。FOMCはプログラムの上限や期間には言及せず、「労働 市場の見通しが大幅に改善されない場合」、資産購入を継続する方針を 明示した。

ニューヨーク連銀はこの日、量的緩和政策の一環として、2017年1 月から同年9月までに償還を迎える債券を51億ドル相当購入した。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 米国債戦略責任者、ウィリアム・オドネル氏は「財政の崖からの致命的 な影響という最悪の状況を回避し、今年リセッション(景気後退)入り する可能性は低いとの見方が強まっているようだ」と語った。

ADP

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが 発表した給与名簿に基づく集計調査によると、昨年12月の民間部門の雇 用者数は前月比で21万5000人増加した。ブルームバーグがまとめたエコ ノミストの予想中央値は14万人の増加だった。

別のブルームバーグ調査によると、4日発表の12月の雇用統計では 非農業部門雇用者数は15万2000人増が予想されている。11月は14万6000 人増だった。失業率の予想は2008年以来の低水準である7.7%での横ば いとなっている。

モルガン・スタンレー・スミス・バーニーの債券ストラテジスト、 ケビン・フラナガン氏(ニューヨーク州パーチェス在勤)はADP統計 について、「あす発表の雇用統計の前触れと位置付けられており、その ために国債が売られた」と指摘した。

労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から1万件増加して37万2000件。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は36万件だった。

労働省の報道官は申請件数について、ホリデーシーズンの影響を反 映していると説明。8つの州・準州は先週、労働省に推計値を報告し た。また労働省は1州について推計値を算出した。

原題:Treasury 10-Year Note Yield Touches 7-Month High on Fed Minutes(抜粋)

◎NY金:反落、ドル上昇で-FOMC議事録公表後に一段安

ニューヨーク金先物相場は反落。米財政赤字に関する懸念が再燃 し、ドルが上昇したことが背景。金は通常取引終了後の電子取引で下げ 幅を拡大。米連邦公開市場委員会(FOMC、昨年12月11-12日開催) の議事録で毎月850億ドルの債券購入が2013年中に終了する可能性が示 され、ドルが一段高となった。

ドルは主要6通貨に対して3週間ぶりの高水準となった。議事録で は資産購入の終了時期について、年末と年央とでメンバーの見解が分か れていることが示された。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「最初は安心感が広がった が、きのうの議会可決は一時しのぎの解決にすぎず、問題は残っている と市場は気づき始めた」と指摘。「現金を求める動きが活発になってい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.8%安の1オンス=1674.60ドルで終了。中心限月として は先月20日以来の大幅下落となった。電子取引では午後2時47分現 在、1.4%安の1665.50ドル。

原題:Gold Extends Decline as Dollar Rallies After Fed Signals on QE3(抜粋)

◎NY原油:反落、失業保険申請件数が増加-財政懸念も重し

ニューヨーク原油先物相場は反落。米失業保険申請件数の増加や、 米財政赤字の速やかな削減は難しいとの懸念が背景。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から1万件増加して37万2000件。オバマ米大統領は前日、 議会が可決した「財政の崖」回避法案に署名した。ブルームバーグが まとめたアナリスト調査によると、4日に発表される在庫統計では原 油在庫の2カ月ぶり低水準への減少が予想されている。

タイチ・キャピタル・アドバイザーズの商品ファンドマネジャー、 タリク・ザヒル氏は「失業保険統計を受けてやや値下がりした」と指 摘。「今回成立した財政合意はすべての問題を解決したわけではない。 まだ大きな問題がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比20セント(0.21%)安の1バレル=92.92ドルで終了した。

原題:Oil Slips From Three-Month High as U.S. Jobless Claims Rise(抜粋)

◎欧州株:ユーロ圏銘柄が下落、米財政への懸念根強い

3日の欧州株式市場ではユーロ圏の主要銘柄が下落し、指標は前 日付けた1年5カ月ぶり高値から反落した。米国の財政合意は赤字削 減にはつながらないとの懸念が高まった。年明け初日となったスイス 株は大幅高となった。

ドイツの化学メーカー、K+Sは3.5%安。エクサンBNPパリ バによる株価目標引き下げが嫌気された。フランスの通信機器メーカ ー、アルカテル・ルーセントは9.8%上昇。クレディ・スイス・グル ープが投資判断を引き上げたことが手掛かり。銀行のUBSと、高級 品メーカーのフィナンシエール・リシュモンを中心にスイス株は上昇。

ユーロ圏の大型株で構成されるユーロ・ストックス50指数は前 日比0.4%安の2701.22で終了。より広範な銘柄から成るストック ス欧州600指数は0.5%上昇し、終値は286.83と2011年2月以 来の高値となった。スイスのSMI指数は前営業日の先月28日から

2.9%上昇。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントの株式責任者、ジ ェーン・コフィー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で、「財政の崖をめぐる問題は全て解決されたわけではない」とし、 「歳出削減がどのように盛り込まれるかを注視する必要があることか ら、3月まで待たなければならない」と語った。

3日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。 英FTSE100指数は0.3%高となった一方、仏CAC40指数と独 DAX指数は0.3%それぞれ下げた。

原題:Euro-Area Stocks Slip on U.S. Deficit Concern; Swiss Shares Jump(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債続落、米景気回復の兆候-英10年債利回り2%台

3日の欧州債市場ではドイツ10年債が続落。米景気に回復の兆 しが強まったことから、域内で最も安全とされるドイツ国債の需要が 後退した。

ドイツ10年債利回りは2カ月ぶり高水準に達した。12月の米民 間部門の雇用者数が予想以上に増えたことが手掛かり。フランス国債 の利回りも上昇。この日実施した35億3000万ユーロ相当の10年 債入札で借り入れコストは過去最低となったものの、支援要因とはな らなかった。オランダとフィンランド、ベルギーの国債も下げた。ベ ルギーの債務管理局がシンジケート団方式で新10年債を発行すると の観測が広がった。

DZ銀行(フランクフルト)のアナリスト、クリスティアン・レ ンク氏は「米経済指標を前向きに捉える雰囲気が市場にはあり、これ がドイツ国債を押し下げる動きを強めた」と指摘。「投資家が年末の 休暇から戻りつつあり、リスク資産に大きく資金が流れる一方、ドイ ツ国債など逃避資産から流出している」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.48%と、11月 2日以来の高水準となった。前日は13bp上げた。これは9月14日 以降で最大の上昇。同国債(表面利率1.5%、2022年9月償還)価 格はこの日、0.33下げ100.18。

英国債

英国債相場は下落し、10年債利回りは昨年5月以来となる2%台 となった。キャメロン政権の借り入れコストは上昇しつつある。

この日行われた37億5000万ポンド規模の5年債入札で落札利 回りが上昇。米議会が「財政の崖」を実質的に回避する合意に至った ことを背景に、比較的安全とされる英国債の需要が後退した。英国債 は前日も下げていた。

ロンドン時間午後4時34分現在の利回りは前日比7bp上昇 の2.06%。一時は2.07%と、昨年5月2日以来の高水準となった。 同国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は0.64下げ

97.28。

原題:German Bunds Decline as U.S. Economic Data Curbs Safety Bid(抜粋) U.K. 10-Year Gilt Yield Rises Above 2% for First Time Since May(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE