1月2日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円とドルが下落-米財政合意で安全逃避が後退

ニューヨーク外国為替市場では円とドルが高利回り通貨に対して下 落。米議会で大半の世帯の所得税増税を回避する財政法案が通過し、 「財政の崖」の悪影響が回避されたことで、安全性へ逃避する動きが後 退した。

ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。ボラティリティ(変動 性)を示す指数は6月以来の低水準に低下した。オーストラリア・ドル とニュージーランド(NZ)ドルは上昇。円はドルに対し下落し、2010 年7月以降で初めて1ドル=87円台まで円安が進んだ。安部晋三首相が 円高からの脱却を目指す方針をあらためて示したことが手掛かり。

シティグループのG10通貨戦略担当の北米責任者、グレッグ・アン ダーソン氏(ニューヨーク在勤)は電話取材で、「米経済が1-3月 (第1四半期)にリセッション(景気後退)に陥る大きなテールリスク があったが、それは取り除かれた」と指摘。「それがリスク選好の面で 助けとなった。今後もリスク資産にプラスとなるだろう。ただし、米国 の政策をめぐってはなおも疑問が残っている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円はユーロに対し前営業日 比0.6%安の1ユーロ=115円17銭。一時115円99銭と、11年7月8日以 来の円安・ユーロ高水準となった。対ドルでは0.7%値下がりし1ドル =87円34銭。一時87円35銭と、10年7月29日以来の円安・ドル高水準を 付けた。

ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.3186ドル。一時は1.33ド ルと2週間ぶり高値を付けた。

GFTマーケッツの市場ストラテジスト、ニール・ギルバート氏は 2日付の顧客リポートで、「法案通過による高揚感は既に消えつつある かもしれない」とした上で、「財政の崖の問題はまだ解決したわけでは ない。協議の時間をさらに稼ぐために問題を先延ばしにしただけだ」と 続けた。

豪ドル、NZドル

豪ドルは米ドルに対して1.1%高の1豪ドル=1.0504米ドル。一 時1.0524米ドルと、12月19日以来の高値を付けた。

NZドルは0.8%上昇し1NZドル=0.8341米ドル。一時1.5%高 と、7月26日以来の大幅な上げとなった。

メキシコ・ペソは1.1%高の1ドル=12.7465ペソ。ブラジル・レア ルは3営業日ぶりに上昇。0.3%高の1ドル=2.0457レアル。一 時2.0329レアルと11月8日以来の高値を付けた。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は電話取材で、「きょうの材料はとにかく財政の崖 をめぐる動きだ」とし、「市場の反応から見ると、非常に典型的なリス ク選好の動きのようだ」と続けた。

ボラティリティ低下

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は、一時0.56ポイント低下の7.64となった。下げ幅は昨年6月18日以 来で最大。

米株式市場ではS&P500種株価指数が2.5%高となった。

今回可決された法案では、ブッシュ前政権時に導入された減税は大 半の世帯にとって恒久的なものとなる一方で、最富裕層向けの減税は打 ち切られる。オバマ大統領は法案に署名する意向を示した。

安部首相は1日、年頭所感を発表し、「日本にとって何より喫緊の 課題は、デフレと円高からの脱却による経済の再生」と指摘した。経済 政策については、「大胆な金融政策」を含む3本の矢で取り組む方針を 示した。これも手掛かりに円は値下がりした。

原題:Yen, Dollar Weaken as U.S. Budget Accord Damps Demand for Refuge(抜粋)

◎米国株:急伸、S&P500種は1年ぶり大幅高-財政合意で

2日の米国株は急伸。S&P500種は約1年ぶりの大幅高だった。 歳出削減と増税が重なる「財政の崖」の影響を回避する法案を米議会が 可決させたことが好感された。

S&P500種株価指数の産業別10指数はいずれも上昇。ダウ工業 株30種平均はすべての銘柄が上昇した。アップルやフェイスブックを中 心にテクノロジー株が高い。鉄鋼のUSスチールも上昇。クレディ・ス イス・グループが同社の株式投資判断を引き上げたことが手掛かりだっ た。カーシェアリングのジップカーは、レンタカー会社エイビス・バジ ェット・グループによる買収を材料に大幅上昇した。

S&P500種は2.5%高の1462.42。ここ2営業日での上昇率は4.3% と、2011年11月以来で最大。ダウ工業株30種平均は308.41ドル (2.4%)高の13412.55ドル。ナスダック総合指数は3.1%上昇し て3112.26。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジス ト、ジェームズ・ポールセン氏は、「財政の崖からの転落が何を意味す るのか、不透明感から売りが膨らんでいたが、今はその不透明感が払し ょくされた」と述べ、「われわれは実体経済により近い材料を基に株式 市場を再評価している。経済統計の大半はかなり良好な内容だ」と続け た。

「財政の崖」の影響回避

下院本会議は東部時間1日午後11時過ぎに、99%以上の世帯の所得 税増税を取り消す法案を可決した。

6000億ドル相当の減税失効と強制的な歳出削減が重なる財政の崖を めぐる1年に及ぶ協議は超党派の法案可決で終了した。オバマ大統領は 署名する意向を明らかにしている。

ただ今回の法案は財政赤字削減への包括的な合意を意味するもので はない。直ちに痛みを伴う財政の崖の影響は避けられたが、財政赤字抑 制に向けた小さな一歩にすぎず、連邦債務の上限引き上げをめぐって2 月に再び与野党が対立する公算が大きい。

S&P500種は2012年に13%上昇。これで2009年3月9日から続く 強気相場での上昇率は111%となった。

ISM製造業景況指数

米供給管理協会(ISM)が発表した12月の製造業景況指数は50.7 と、前月の49.5から上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想 の中央値は50.5だった。同指数で50は製造業活動の拡大と縮小の境目を 示す。

商務省が発表した昨年11月の米建設支出は市場の予想外に前月比で 減少した。非居住用および公共部門の建設が大きく落ち込んだ。

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は2.9%上昇、ダウ輸送株平均は2.4%高と、いずれも2011年7月以来の 高水準だった。

金融株は2.9%高。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は3.6%上 昇、シティグループは4.3%値上がりした。テクノロジー株は3.2%高。 アップルとフェイスブックはそれぞれ3.2%と5.2%の上昇だった。

S&Pスーパーコンポジット住宅建設株価指数は2.7%高、指数を 構成する11銘柄はいずれも上昇した。

カジノ運営会社ウィン・リゾーツとラスベガス・サンズはいずれも 上昇。両社の経営するホテルがあるマカオでは、12月のカジノ収入が過 去最高を記録。クリスマスに合わせた販促活動が奏功し、旅行客が増加 した。

USスチールは8.6%高。クレディ・スイスは同社の株式投資判断 を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げた。

ジップカーは48%の急伸。エイビス・バジェットはジップカーを4 億9100万ドル(1株当たり12.25ドル)で買収することで合意した。買 収額は12月31日終値を49%上回る水準となる。

原題:S&P 500 Rallies Most in One Year as Lawmakers Pass Budget Deal(抜粋)

◎米国債:続落、利回りは10月来の大幅上昇-米財政合意で

米国債相場は続落。10年債利回りは約2カ月ぶりの大幅上昇とな った。米議会が財政法案を可決したことで景気拡大基調が持続すると の観測が広がり、安全とされる米国債に逃避する動きが後退した。

利回りは昨年10月25日以来の高水準をつけた。「財政の崖」回避の 方法をめぐり交渉が行き詰まっていた政府と議会は、大半の世帯の所得 税増税を避ける法案で合意、議会はこれを可決した。議会は次に連邦債 務上限引き上げの問題に取り組む必要がある。債務は12月末に現行の法 定上限である16兆4000億ドルに達した。

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の債券取 引部門シニア・バイス・プレジデント、マイケル・フランゼーズ氏は、 「債券を手放す動きが広がっている。一定の措置が施され、当面の歳出 削減や大規模な増税は回避された」と指摘。もっとも、「今度は債務上 限の問題が迫っており、米国債は買いの好機だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比8ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の1.84%。一時は9bp上昇し、昨年10月17日以 来の大幅上昇となった。同年債(表面利率1.625%、2022年11月償還) 価格は23/32下げて98 3/32。

30年債利回りは一時10bp上昇し、日中ベースでは昨年9月14日以 来の大幅な上げとなった。

「楽観が支配」

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値によると、10 年債利回りは年末に2.2%へ上昇すると予想されている。別の調査によ れば、30年債利回りは3.3%で今年を終了する見通し。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「安全性を求め る買いは一巡している」と指摘。「楽観が支配している」と話した。

米下院本会議は上院が既に可決していた法案を1日夜に可決した。 これにより直ちに痛みを伴う財政の崖は避けられたが、財政赤字抑制に 向けた小さな一歩にすぎず、連邦債務の上限の引き上げをめぐって2月 に再び与野党が対立する公算が大きい。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2日、今回 議会を通過した法案は格下げ回避のため、債務拡大を抑制するには不十 分との見解を示した。

米格付け

ムーディーズは発表文で、今回の合意は「中期的な連邦債務比率の 意義ある改善に向けた基盤」にはならないと指摘。一段の措置が今後数 カ月間に講じられる可能性は高いが、格付けの見通しが現在の「ネガテ ィブ」から「ステーブル」に戻るためには、さらなる財政赤字削減につ ながる「措置が不可欠だ。一段の赤字削減策が欠如すれば、格付けにマ イナスの影響を及ぼす恐れがある」と続けた。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2011年に 米格付けを最上級の「AAA」から引き下げた。

NY連銀は量的緩和策の一環として決定した月額450億ドルの国債 購入を3日に開始する。

原題:Treasury Yields Rise Most Since October on U.S. Budget Agreement(抜粋)

◎NY金:続伸、2週間ぶり高値-米財政合意で商品全般に買い

ニューヨーク金先物相場は続伸。2週間ぶりの高値となった。米政 府と議会の財政合意を好感し、商品全般が上昇した。

商品24銘柄で構成するS&PのGSCIスポット指数は一時1.6% 値上り。米下院は大半の世帯の所得税増税を回避する法案を可決した。 この日は工業用金属も急伸したほか、株価も上昇した。

TDセキュリティーズのバイスプレジデント、スティーブ・スカカ ロシ氏は電子メールで「一定の合意が成立したというニュースを市場は 好意的に受け止めている」とコメントした。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前営業日比0.8%高の1オンス=1688.80ドルで終了。一時 は1695.40ドルと、中心限月としては先月18日以来の高値をつけた。前 日は新年の祝日のため立ち会い取引は休場だった。

原題:Gold Climbs to Two-Week High on Commodity Rally; Palladium Gains(抜粋)

◎NY原油:続伸、財政合意を好感-昨年9月以来の高値

ニューヨーク原油先物相場は続伸。約3カ月ぶり高値に上伸した。 世界最大の石油消費国、米国で経済成長を脅かすと懸念されていた減税 と強制的な歳出削減に対し、この大半を回避、もしくは先送りする法案 を議会が可決した。

米国民の99%超の増税を無効化する法案が上院を通過し、米下院は これを可決。オバマ米大統領は法案に署名する意向を明らかにした。外 国為替市場でユーロが対ドルで上げを消すと、原油も伸び悩んだ。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「財政 合意で米経済に対する楽観が高まった。原油は大きく上昇している」と 指摘。「ほとんどの国民が増税を免れたのは大きい」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前営業 日比1.30ドル(1.42%)高の1バレル=93.12ドルで終了。終値として は昨年9月18日以来の高値。

原題:Crude Advances to Three-Month High as U.S. Passes Budget Bill(抜粋)

◎欧州株:上昇、1年10カ月ぶり高値-米財政合意を好感

2日の欧州株式相場は上昇し、ストックス欧州600指数は1年10カ 月ぶり高値を付けた。米景気を脅かす恐れのあった所得税増税の大半に ついて、議会がこれを回避する法案を可決したことが好感された。

英・オーストラリア系鉱山会社リオ・ティントとドイツの自動車メ ーカー、フォルクスワーゲン(VW)が大幅高となり、鉱山株と自動車 株の上げを主導した。中国の製造業活動が拡大したことが背景。カナダ 部門の株式を11億ドルで売却する鉄鋼会社アルセロール・ミタルはこ こ11週間で最大の値上がり。英防衛大手BAEシステムズは4%高。米 財政合意で国防費削減が先送りされたことが買いにつながった。

ストックス欧州600指数は前営業日比2%高の285.33で引けた。終 値としては2011年2月28日以来の高値。昨年は14%上昇し、年間ベース としてはここ3年で最大の値上がりだった。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントで欧州株の責任者を 務めるアンドレア・ウィリアムズ氏は「米財政問題が決着し、詳細が明 らかになったのは好材料だ。これが相場をしばらくの間、押し下げてい た」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600の 構成銘柄の取引高はこの日、30日平均を29%上回った。ドイツのDAX 指数は2.2%上げて5年ぶり高値を付けたほか、英FTSE100指数 は2011年7月以降で初めて6000を突破した。スイス市場は祝日のため休 場だった。

原題:European Stocks Jump to 22-Month High as U.S. Passes Budget Deal(抜粋)

◎欧州債:独英債下落、「財政の崖」影響回避-イタリア債上昇

2日の欧州債市場ではドイツ国債が大幅下落し、10年債利回りは 3カ月余りで最大の上昇となった。米景気を脅かす恐れのあった 「財政の崖」の影響を回避する法案が議会を通過したことが手掛かり。

比較的安全な資産に逃避する動きが後退し、オランダとフィンラン ド、フランスの国債も軟調。高利回り資産の需要は高まり、イタリア国 債は上昇、10年債利回りは2010年12月以来の水準に低下した。ドイツが 実施した41億5000万ユーロ規模の2年債入札で、落札利回りは昨年10月 以降で初めてプラスとなった。

コメルツ銀行の債券アナリスト、ライナー・ギュンターマン氏(フ ランクフルト在勤)は「財政の崖をめぐる妥協でリスク選好センチメン トが優勢になっている」と述べ、「リスクに前向きな環境で、ドイツ国 債の利回りはもう少し上昇するはずだ」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前営業日比13ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.44%。これは昨年9 月14日以降で最大の上昇。同国債(表面利率1.5%、2022年9月償還) 価格は1.145下げ100.515。2年債利回りは前営業日比5bp上昇 の0.031%。先月3日以来の高水準となる0.042%まで上げる場面もあっ た。

2年債入札での平均落札利回りは0.01%。昨年12月5日の前回入札 時はマイナス0.01%だった。応札倍率は1.5倍(前回は1.9倍)。

イタリア10年債利回りは22bp低下し4.28%。一時は4.27%と、10 年11月23日以来の低水準を付けた。同年限のドイツ国債に対する利回り 上乗せ幅(スプレッド)は一時283bpまで縮小し、昨年3月21日以来 の最小となった。モンティ暫定首相はツイッターへの投稿で、スプレッ ドが「ようやく」287bpを下回ったと語った。先月3日にはスプレッ ドが同水準以下となることを望むと表明していた。

英国債相場も下落し、10年債利回りは2週間ぶり高水準に達した。 米財政合意で比較的安全とされる英国債の需要が落ち込んだ。

ロンドン時間午後4時半現在の利回りは16bp上昇の1.99%。これ は昨年9月3日以降で最大の上昇。同国債(表面利率1.75%)の価格 は1.39下げ97.92。2年債利回りは8bp上げ0.40%と、昨年5月16日 以来の最高を付けた。

原題:German Bunds Slide as Italian Debt Rallies on U.S. Budget Deal(抜粋) Gilts Fall on Fiscal-Cliff Deal as Pound Reaches 16-Month High (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE