米国債:続落、利回りは10月以来の大幅上昇-米財政合意で

米国債相場は続落。10年債利回りは 約2カ月ぶりの大幅上昇となった。米議会が財政法案を可決したことで 景気拡大基調が持続するとの観測が広がり、安全とされる米国債に逃避 する動きが後退した。

利回りは昨年10月25日以来の高水準をつけた。「財政の崖」回避の 方法をめぐり交渉が行き詰まっていた政府と議会は、大半の世帯の所得 税増税を避ける法案で合意、議会はこれを可決した。議会は次に連邦債 務上限引き上げの問題に取り組む必要がある。債務は12月末に現行の法 定上限である16兆4000億ドルに達した。

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の債券取 引部門シニア・バイス・プレジデント、マイケル・フランゼーズ氏は、 「債券を手放す動きが広がっている。一定の措置が施され、当面の歳出 削減や大規模な増税は回避された」と指摘。もっとも、「今度は債務上 限の問題が迫っており、米国債は買いの好機だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比8ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の1.84%。一時は9bp上昇し、昨年10月17日以 来の大幅上昇となった。同年債(表面利率1.625%、2022年11月償還) 価格は23/32下げて98 3/32。

30年債利回りは一時10bp上昇し、日中ベースでは昨年9月14日以 来の大幅な上げとなった。

「楽観が支配」

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値によると、10 年債利回りは年末に2.2%へ上昇すると予想されている。別の調査によ れば、30年債利回りは3.3%で今年を終了する見通し。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「安全性を求め る買いは一巡している」と指摘。「楽観が支配している」と話した。

米下院本会議は上院が既に可決していた法案を1日夜に可決した。 これにより直ちに痛みを伴う財政の崖は避けられたが、財政赤字抑制に 向けた小さな一歩にすぎず、連邦債務の上限の引き上げをめぐって2月 に再び与野党が対立する公算が大きい。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2日、今回 議会を通過した法案は格下げ回避のため、債務拡大を抑制するには不十 分との見解を示した。

米格付け

ムーディーズは発表文で、今回の合意は「中期的な連邦債務比率の 意義ある改善に向けた基盤」にはならないと指摘。一段の措置が今後数 カ月間に講じられる可能性は高いが、格付けの見通しが現在の「ネガテ ィブ」から「ステーブル」に戻るためには、さらなる財政赤字削減につ ながる「措置が不可欠だ。一段の赤字削減策が欠如すれば、格付けにマ イナスの影響を及ぼす恐れがある」と続けた。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2011年に 米格付けを最上級の「AAA」から引き下げた。

NY連銀は量的緩和策の一環として決定した月額450億ドルの国債 購入を3日に開始する。

原題:Treasury Yields Rise Most Since October on U.S. Budget Agreement(抜粋)

--取材協力:John Detrixhe、James Holloway.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE