米ゴールドマン:株式報酬6500万ドル相当の支払いを前倒し

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)を含む経営 幹部10人に対する株式報酬6500万ドル(約57億円)相当の支払いを前倒 しした。

10件の届け出によれば、対象となったのは2012年より前に付与され た制限付き株式。届け出は、米東部時間の昨年12月31日午後8時ごろ開 示された。幹部はそれぞれ税金を支払うため、保有する株式の45-50% を売却した。

ゴールドマンは通常、経営幹部の制限付き株式を1月に支払う。議 会では昨年から「財政の崖」回避を目指した議論が続き、最終的に財政 法案が可決された。同法案では、キャピタルゲインの最高税率および単 身で年収40万ドルを上回る世帯に対する最高税率が引き上げられる。

ゴールドマンの広報担当マイケル・デュバリー氏は「12月の株式報 酬の支払いは名前の挙がった経営幹部だけでなく、より幅広い層に対し て実施された」と述べた。ただ、支払い前倒しの理由については説明を 避けた。

届け出によれば、ブランクファインCEOが12月31日に受け取った 制限付き株式は6万6065株で、同日の株価終値に基づくと843万ドル相 当となる。また届け出によると、同CEOは「源泉課税分を支払うた め」、3万3245株を1株当たり126.24ドルで売却した。

原題:Goldman Sachs Sped Up $65 Million in Stock Awards to Dec. 31(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE