F&N買収目指すタイ富豪、公開買い付け期間を10日まで延長

タイの富豪チャルーン・シリワタナ パクディー氏は、シンガポールのフレイザー・アンド・ニーブ(F& N)の経営権取得に向けた公開買い付けの期間を延長した。同氏は73億 ドル(約6360億円)での取得を目指している。

証券取引所への届け出によれば、チャルーン氏のTCCアセッツに よる1株8.88シンガポール・ドルでのF&N株買い付けは、期限が10日 まで延長される。F&Nをめぐっては、オーバーシーズ・ユニオン・エ ンタープライズ(OUE)の連合が11月15日に9.08ドルの買収額を提示 し、買収合戦が激しさを増している。

チャルーン氏は昨年7月にF&N買収で合意。OUE連合にはキリ ンホールディングスが加わっており、同社はF&Nの食品・飲料事業の 買収を目指している。OUEによると、F&N株14.8%を保有するキリ ンがOUEの買収提案に応じ、27億シンガポール・ドル(約1900億円) を投じてF&Nの食品・飲料事業を取得する方針。

オランダのビールメーカー、ハイネケンは11月、「タイガー」を手 掛けるF&Nのビール部門の経営権を取得した。

原題:Thai Billionaire Extends Offer for F&N, Prolonging Bid Battle(抜粋)

--取材協力:Stephanie Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE