香港株(2日):ハンセン指数、上昇-11年6月来の高値

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 が2011年6月以来の高値となった。1年の最初の取引としては09年以来 の大きな上昇率を記録した。米議会が「財政の崖」をひとまず回避する 法案を可決したほか、中国の製造業活動が3カ月連続で拡大したことを 示す指標を好感した。

北米を最大市場とする電動工具メーカーのテクトロニック・インダ ストリーズ(創科実業、669 HK)は3.3%高。製鉄などを手掛ける中信 泰富(CITICパシフィック、267 HK)は11%高と、3年ぶりの大幅 上昇。時価総額で世界最大の保険会社、中国人寿保険(2628 HK) は6.7%高と1年ぶりの大きな上げとなり、金融株の上昇を主導した。

米ウォルマート・ストアーズに玩具や衣料品を納入するリー・アン ド・フォン(利豊、494 HK)や米ナイキの靴を受託生産する裕元工業 (集団、551 HK)も高い。

ハンセン指数は前営業日比655.06ポイント(2.9%)高の23311.98 で引けた。23000を突破したのは11年6月以来。ハンセン中国企業株 (H株)指数は4%高の11897.66。ここ約1年で最大の上昇率となっ た。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「投資 家は財政の崖の回避が可能だと考えており、短期的に市場の地合いは引 き続きかなりポジティブだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Surge on U.S. Budget Vote as China PMI Expandss(抜粋)

--取材協力:Susan Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE