NY外為:円とドルが下落-米財政合意で安全への逃避が後退

ニューヨーク外国為替市場では円と ドルが高利回り通貨に対して下落。米議会で大半の世帯の所得税増税を 回避する財政法案が通過し、「財政の崖」の悪影響が回避されたこと で、安全性へ逃避する動きが後退した。

ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。ボラティリティ(変動 性)を示す指数は6月以来の低水準に低下した。オーストラリア・ドル とニュージーランド(NZ)ドルは上昇。円はドルに対し下落し、2010 年7月以降で初めて1ドル=87円台まで円安が進んだ。安部晋三首相が 円高からの脱却を目指す方針をあらためて示したことが手掛かり。

シティグループのG10通貨戦略担当の北米責任者、グレッグ・アン ダーソン氏(ニューヨーク在勤)は電話取材で、「米経済が1-3月 (第1四半期)にリセッション(景気後退)に陥る大きなテールリスク があったが、それは取り除かれた」と指摘。「それがリスク選好の面で 助けとなった。今後もリスク資産にプラスとなるだろう。ただし、米国 の政策をめぐってはなおも疑問が残っている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円はユーロに対し前営業日 比0.6%安の1ユーロ=115円17銭。一時115円99銭と、11年7月8日以 来の円安・ユーロ高水準となった。対ドルでは0.7%値下がりし1ドル =87円34銭。一時87円35銭と、10年7月29日以来の円安・ドル高水準を 付けた。

ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.3186ドル。一時は1.33ド ルと2週間ぶり高値を付けた。

GFTマーケッツの市場ストラテジスト、ニール・ギルバート氏は 2日付の顧客リポートで、「法案通過による高揚感は既に消えつつある かもしれない」とした上で、「財政の崖の問題はまだ解決したわけでは ない。協議の時間をさらに稼ぐために問題を先延ばしにしただけだ」と 続けた。

豪ドル、NZドル

豪ドルは米ドルに対して1.1%高の1豪ドル=1.0504米ドル。一 時1.0524米ドルと、12月19日以来の高値を付けた。

NZドルは0.8%上昇し1NZドル=0.8341米ドル。一時1.5%高 と、7月26日以来の大幅な上げとなった。

メキシコ・ペソは1.1%高の1ドル=12.7465ペソ。ブラジル・レア ルは3営業日ぶりに上昇。0.3%高の1ドル=2.0457レアル。一 時2.0329レアルと11月8日以来の高値を付けた。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は電話取材で、「きょうの材料はとにかく財政の崖 をめぐる動きだ」とし、「市場の反応から見ると、非常に典型的なリス ク選好の動きのようだ」と続けた。

ボラティリティ低下

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は、一時0.56ポイント低下の7.64となった。下げ幅は昨年6月18日以 来で最大。

米株式市場ではS&P500種株価指数が2.5%高となった。

今回可決された法案では、ブッシュ前政権時に導入された減税は大 半の世帯にとって恒久的なものとなる一方で、最富裕層向けの減税は打 ち切られる。オバマ大統領は法案に署名する意向を示した。

安部首相は1日、年頭所感を発表し、「日本にとって何より喫緊の 課題は、デフレと円高からの脱却による経済の再生」と指摘した。経済 政策については、「大胆な金融政策」を含む3本の矢で取り組む方針を 示した。これも手掛かりに円は値下がりした。

原題:Yen, Dollar Weaken as U.S. Budget Accord Damps Demand for Refuge(抜粋)

--取材協力:David Goodman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE