世界の株式、3年ぶりの大幅上昇-債券や商品、ドルより好調

各国・地域の中央銀行が打ち出した 前例のない刺激策を追い風に、2012年の世界の株式相場は3年ぶりの大 幅な上昇となった。債券や商品、ドルとの比較では09年以来の好成績を 記録した。

世界株の指標MSCIオールカントリー世界指数は昨年、配当を含 め16.9%上昇。24の商品で構成するスタンダード・アンド・プアーズ (S&P)GSCIトータル・リターン指数は0.1%高にとどまった。 米ドル指数は0.5%下落。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリ ンチのグローバル・ブロード市場指数によれば、全種類の債券のリター ン(投資収益率)はプラス5.73%。

PNCウェルス・マネジメントのジェームズ・ダニガン最高投資責 任者(CIO)は電話インタビューで、「大規模な世界的な刺激策が大 きく寄与した。これがリセッション(景気後退)への恐れを後退させる 大きな効果を発揮したほか、企業の収益面からの支援もあった。株式の アウトパフォームは時間の問題だった」と述べた。

原題:Stocks Beat Bonds, Commodities by Most Since 2009 on Stimulus(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin、Grant Smith、Konstantin Rozhnov、Lars Paulsson、Ewa Krukowska、Naureen S. Malik、John Detrixhe、Ye Xie、Cecile Vannucci、Nathan Crooks、Corina Pons.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE