モンティ伊暫定首相:大統領職は模索せず-首相レース参戦で

イタリアのモンティ暫定首相は、同 国の大統領職を模索しない意向を明らかにした。モンティ氏は2月の総 選挙で2期目を目指す決意をすでに明らかにしていることから、無党派 の大統領職に指名される可能性は低いとみられている。

モンティ氏は2日、イタリアのラジオ・ウノの番組で、ナポリター ノ大統領の後任を「目指したことがないのは明白だ」と発言。「一部の 政治評論家はその可能性が高いと指摘していたが、可能性は確実に低く なった」と述べた。ナポリターノ大統領の7年の任期は5月に終了す る。

モンティ氏は2月24、25両日の総選挙で中道連合を率いることを12 月28日に明らかにした。中道連合はすべての世論調査で民主党にリード を許している。キリスト教中道民主連合を率いるピエル・フェルディナ ンド・カジーニ氏はこの日、民主党を率いるピエル・ルイジ・ベルサニ 氏について、上下両院で過半数を獲得しない限り首相になる見込みはな いと話した。

総選挙の結果、議会で絶対多数政党がない状態となれば、モンティ 氏の中道連合は連立樹立をめぐって民主党と交渉することになる可能性 がある。

原題:Monti Not Seeking Presidency as Ally Questions Bersani’s Chances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE