12年の日本の人口、過去最大の21万人減少-出生過去最低、厚労省調査

厚生労働省が発表した人口動態統計 の年間推計によると、2012年は日本人の出生数が死亡数を21万2000人下 回った。6年連続で人口が自然減少し、減少幅は統計を開始した1947年 以降で最大。

出生数は103万3000人に対し、死亡数は124万5000人。出生者数は過 去最低を記録し、前年比で1万8000人減少した。ピークは49年の269 万6000人で、昨年はピーク時の4割以下にとどまったことになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE