クリントン米国務長官は完全に回復の見通し-医師団が声明

米国務省は31日、ニューヨークの病 院に30日入院したクリントン国務長官について、脳と頭蓋骨の間の静脈 に血栓が見つかったとの医師団の声明を発表した。

医師団によると、クリントン長官の容体は良好で、神経障害などは なく、「完全に回復する見通しだ」という。

原題:Clinton’s Blood Clot Is Between Brain and Skull, Doctor Says (2)(抜粋)

--取材協力:Indira A.R. Lakshmanan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE