コンテンツにスキップする

米アムトラック:高速鉄道「アセラ」の全車両入れ替えを計画

全米旅客鉄道公社(アムトラック) は、ボストン、ニューヨーク、首都ワシントンを結ぶ高速鉄道「アセ ラ」の全車両を入れ替える方針だ。客車を追加購入する当初の計画は取 りやめた。

13日の発表資料によると、アムトラックは来年の早い時期に調達先 候補に対し情報提供を要請する予定。アセラの現在の車両はカナダのボ ンバルディアと仏アルストムが製造した。

アムトラックのジョセフ・ボードマン最高経営責任者(CEO) は13日、議会委員会で「われわれに真に必要なのはアセラの車両の入れ 替えだ」とした上で、「私が70歳になるまでに終える必要があると社員 らに伝えた。私は来年64歳になる」と語った。

ボンバルディアやアルストム、独シーメンス、スペインのパテンテ ス・タルゴなどの鉄道車両メーカーが参加する業界団体、米国高速鉄道 協会のアンディ・クンツ会長兼CEOは、アムトラックは車両改修より 新車両導入の方が安上がりだと判断したようだと指摘。ボンバルディア やアルストムなどに加えて三菱重工業や日立製作所といった企業が恐ら くアムトラックの入札に参加するだろうと述べた。

原題:Amtrak Plans to Replace Acela Trains in U.S. Northeast (2) (抜粋)

--取材協力:Jeff Plungis、Frederic Tomesco.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE