アジア株:MSCI指数、3年ぶり長期上昇-米緩和観測で

12日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば、過去3年で最も長い上げ 局面となりそうだ。米連邦準備制度が金融緩和を強化するとの観測が背 景にある。

米国を最大市場とする建材メーカーのジェームズ・ハーディー・イ ンダストリーズはシドニー市場で1.7%高。不動産開発などを手掛ける 香港の国浩集団は29%上昇した。筆頭株主から82億5000万香港ドル (約880億円)規模の買収提案を受けたことが手掛かり。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時46分現在、前日 比0.5%高の126.97。これで10営業日続伸と、上昇期間は2009年7月以 降で最長となる。構成銘柄のうち値上がりと値下がりの比率は約2対 1。

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は「追加金融緩 和は当然するでしょう。ほとんどそれ前提に投資家が動いている」と し、なければ影響は大きいと指摘した。

原題:Asia Stocks Set for Longest Winning Streak in Three Years on Fed(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE