米大統領と共和党下院議長、折り合わず-「財政の崖」問題で

オバマ米大統領とベイナー米下院議 長(共和、オハイオ州)は、「財政の崖」の回避に向け、互いに相手に 譲歩を求めている。

オバマ大統領は、この先「財政交渉が長期化」する恐れがあると警 告し、世論を見方につけて、事態打開に向けた一歩として中間所得層減 税の延長可決を共和党に迫ろうとしている。

一方、ベイナー下院議長は、ガイトナー米財務長官が議会指導者に 示した政府の提案について、中小企業増税に伴う成長へのリスクを指 摘。交渉は行き詰まっていると語った。

複数の政府当局者によると、オバマ大統領は、富裕差層向けの即時 増税に加え、税法の変更と歳出削減の決定の期限を8月1日に設定する としたフレームワークを提示している。

同当局者らが匿名を条件に明らかにしたところによれば、政府案に は1兆6000億ドル(約132兆円)規模の増税と、医療プログラムで の3500億ドルの削減、その他のプログラムで2500億ドルの削減などが盛 り込まれている。

--取材協力:Kathleen Hunter、Heidi Przybyla、Richard Rubin、Joe Sobczyk、Julianna Goldman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE