インターネット検索最大手、米グー グルのイタリア法人は脱税の疑いで捜査を受けている。イタリア財務省 が明らかにした。

同省はステファノ・グラチアーノ議員(民主党)からの質問に対す る書面での回答で、グーグルのイタリア法人は2002年から06年の間 に9600万ユーロ(約102億円)超の付加価値税を支払わず、2億4000万 ユーロ余りの利益を申告しなかったと述べた。グラチアーノ議員は電子 メールで書面の内容を明らかにした。

同議員は別の電子メールで、「これは社会的公正の問題で無視でき ない」と指摘した。

グーグルは28日付の電子メールで「事業展開している各国で税法を 順守しており、イタリアの法律にも従っていると確信している」と説 明。「地元当局に引き続き協力し、イタリアでの事業と当社のサービス に対する全ての疑問に答える」と述べた。

原題:Google’s Italian Unit Under Review for Alleged Tax Evasion (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE