日立復活への道、テレビ生産撤退が開く-日本の家電各社と明暗

大阪市を一望できる通天閣の巨大広 告で「日立プラズマテレビ」が「日立エレベーター」に1年前差し替え られた。これが現在の日立製作所復活を象徴する。汎用品化した薄型テ レビ生産から撤退した日立は得意分野に特化して収益を膨らませた。事 業の大胆な選択と集中は巨額赤字に陥るシャープやパナソニックの処方 箋になるかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。