パブロ・ピカソが1932年に愛人マリ ー・テレーズ・ワルテルを描いた絵画が、サザビーズが米ニューヨーク で開いたオークションで4150万ドル(約33億円)で落札された。

サザビーズ(ロンドン)のシニアスペシャリスト、フィリップ・フ ック氏が顧客の委託で落札した。

この作品「チューリップのある静物」は、肖像画であると同時に静 物画でもある。台の上に乗せられたワルテルの白い頭部の彫刻の横にチ ューリップの花束と性的なものを暗示する果物が幾つか置かれている。 予想価格は3500万-5000万ドルだった。

この絵画は、クリスティーズがニューヨークで2000年に開いたオー クションで2860万ドルで売却された。ピカソが描いたワルテルの肖像画 はコレクターの間で人気が高く、同社が10年に開いたオークションで 「ヌード、観葉植物と胸像」が1億650万ドルで落札されて以降、価格 が高騰している。

原題:Picasso’s Painting of Lover Fetches $41.5 Million at Sotheby’s(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE