中華レストランチェーンでアシスタ ントマネジャーとして勤務するスペンス・ブレナンさんの年収は5 万5000ドル(約430万円)だ。溶接作業員に転職すれば給与が上がると 見込んでいる。

10月のある朝、ブレナンさん(22)は米ダラスにあるマウンテンビ ュー・カレッジの火花が飛び散る作業場でワークショップに参加した。 電気溶接の技術を習得するためだ。2年制の同校には製造業の技能職の 求人要請が常に寄せられている。

「溶接業の求人は他分野よりとても多い。年に少なくとも10万ドル は稼げるかもしれない」。ブレナンさんは4年制大学に2学期だけ通学 して退学。PFチャンズ・チャイナ・ビストロ傘下のペイウェイ・アジ アンダイナーで勤務している。現在受けている訓練により年収がほぼ2 倍に増えると期待している。

ミスマッチ

建設機器メーカー最大手、米キャタピラーなどの企業は、ブレナン さんのような人材を求めている。米製造技術者協会によると、米産業が 回復しベビーブーム世代が退職する中、工場などの技能労働者の求人 は2015年までに5倍に急増し300万人に達するとみられている。技能労 働者が不足すれば、米景気の回復や企業の事業拡張計画が脅かされる可 能性がある。

米国の失業率は9月に7.8%に低下するまで43カ月連続で8%を上 回っていた。一方、求人数は300万人を超えており、製造業の人手不足 は米経済全体が抱える雇用と技能のミスマッチの一端を浮き彫りにして いる。

技能労働者不足が加速する背景には、米国の経済状況の変化と歴史 がある。高収入で知名度の高い企業などへの就職につながる可能性のあ る4年制大学に進学する高卒者が増える一方、10年以上にわたって人員 削減が進められてきた製造業への就職は敬遠されている。

年収14万ドル

道路の建設や学校用机の製造、米国の天然ガス増産に伴う石油化学 プラントの増設などあらゆる業界で溶接作業が必要になっている。

人材仲介サイトのキャリアビルダーによると、溶接業界の平均年収 は4万7900ドルと、銀行の窓口業務主任を上回る。マウンテンビュー・ カレッジの溶接プログラムの責任者、デウェイン・ロイ氏によれば、機 器を保有する溶接作業員は時給70ドルの場合もあり、週に40時間、年 間50週勤務すれば年収は14万ドルに達することになる。

原題:Welders’ Wages Top Bank Pay as Caterpillar Seeks Skilled Workers(抜粋)

--取材協力:James Langford.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE