第一船の薬師寺社長:約10隻の発注解約検討-再生計画を月内策定

商船三井グループの第一中央汽船が 経営改善に向け、60隻程度ある新造船の発注残のうち10隻程度の解約を 検討していることが明らかになった。商船三井から融資枠設定を受けて 当面の資金繰りにめどを付けた第一船は、中長期的な再生に向け新造船 への対応を含む経営再生計画を早ければ月内にもまとめる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。