ノーベル医学生理学賞にiPS細胞の山中教授-ガードン氏も

2012年のノーベル医学生理学賞は、 京都大学の山中伸弥教授と英国のジョン・ガードン博士に授与される。 体の細胞を人為的な操作で多能性細胞に戻すことができることの発見が 評価された。スウェーデンのカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が 8日発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。