2012年のノーベル医学生理学賞は、 京都大学の山中伸弥教授と英国のジョン・ガードン博士に授与される。 体の細胞を人為的な操作で多能性細胞に戻すことができることの発見が 評価された。スウェーデンのカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が 8日発表した。

ガードン博士(79)は核の移植を通じてカエルのクローン作製に成 功。山中教授(50)は皮膚細胞から、さまざまな組織に成長できる能力 を持つ万能細胞であるiPS細胞を作製した。両氏には賞金、計800万 スウェーデン・クローナ(約9400万円)が贈られる。

ガードン博士は1960年代にクローンを作製。山中教授はその40年余 り後の06年に、マウスiPS細胞を作ったと発表した。iPS細胞が胚 細胞と同様、さまざまな組織に育つ潜在力を持つことを説明し、科学界 に衝撃を与えた。同教授の功績は、その潜在力を引き出す方式を発見し た点にある。

米国立衛生研究所(NIH)によると、科学者らはiPS細胞を活 用してアルツハイマー病や糖尿病、関節リウマチなどの治療に応用する 方法を探っている。

原題:Stem-Cell Pioneers From U.K., Japan Win Medical Nobel Prize (1)(抜粋)

--取材協力:Kristen Hallam.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE