トヨタのパキスタン合弁、カローラ販売減見込む-輸入車増加で

トヨタ自動車のパキスタン合弁会社 は、昨年に過去最高を記録した主力商品「カローラ」の販売台数が落ち 込み、収益を圧迫しようとの見通しを示した。中古車の輸入増加が背 景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。