今週の米指標:9月失業率は上昇、雇用者数は11万5000人増か

今週発表の米経済指標では、9月の 失業率が上昇したもようだ。雇用主が採用を引き続き抑制しているため で、米連邦準備制度の当局者が労働市場てこ入れに照準を絞っている理 由が示されるとエコノミストはみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。