台風17号、和歌山・潮岬付近に、東海・関東に上陸の恐れ-気象庁

沖縄本島や鹿児島県・奄美大島を通 過した強い台風17号は30日午後3時現在、和歌山県の潮岬付近を時速 約45キロで北東に進んでいる。気象庁によると、台風17号は最大風速 約40メートルの勢力を保ったまま東海から関東にかけて上陸する恐れが ある。同庁は関東では東京都や神奈川県、千葉県の一部などに暴風・波 浪警報などを出して注意を呼び掛けている。

気象庁天気相談所の岡田憲治予報官は同日午後4時前、ブルームバ ーグ・ニュースの電話取材に対し、同日夕から夜に「東海から関東のど こかに上陸する可能性が非常に高くなっている」と述べた。

気象庁によると、午後3時現在、台風17号の中心気圧は965ヘクト パスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メート ル。中心の南東側220キロ以内と北西側190キロ以内では風速25メートル 以上の暴風になっている。

台風の影響で空の便への影響が続いている。日本航空は午後1時半 時点で国内線128便の欠航を決定し、2万4610人に影響すると発表。全 日本空輸は午後3時半時点で国内線304便の欠航を決め、4万7000人へ の影響を見込むと発表した。

気象庁の30日午後0時45分の発表によると、台風17号の中心は10月 1日午前3時には岩手県福島県、1日正午には釧路市の東約210キロに 達する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE