台風17号、和歌山・潮岬付近に、東海・関東に上陸の恐れ-気象庁

沖縄本島や鹿児島県・奄美大島を通 過した強い台風17号は30日午後3時現在、和歌山県の潮岬付近を時速 約45キロで北東に進んでいる。気象庁によると、台風17号は最大風速 約40メートルの勢力を保ったまま東海から関東にかけて上陸する恐れが ある。同庁は関東では東京都や神奈川県、千葉県の一部などに暴風・波 浪警報などを出して注意を呼び掛けている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。