【今週の債券】長期金利は0.7%台で低下探る、短観悪化や需給

今週の債券市場で長期金利は約2カ 月ぶりとなる0.7%台前半まで下げる展開が予想されている。世界的な 景気減速懸念の強まりや債券市場の需給環境の良さから金利低下圧力が かかりやすいことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。