米大統領:中国系企業による風力発電所建設認めず

オバマ米大統領は28日、中国系企業 に対し、オレゴン州の米海軍施設近くに風力発電所を建設することを認 めない決定を下した。米大統領が国家安全保障上のリスクを理由に企業 の計画を阻んだのは22年ぶり。

オバマ大統領は中国の三一集団の役員らが保有するデラウェア州に 拠点を置くロールズ社に対し、全ての資産と設備を2週間以内に撤去 し、風力発電プロジェクトの権益を90日以内に譲渡するよう指示した。 建設予定地の周辺には米海軍の施設があり、施設のウェブサイトによる と爆撃訓練などが行われている。

米財務省は28日、声明を発表し「大統領の措置は開かれた投資とい う米国の長年の政策を維持する一方で、国家安全保障を守ることへの政 権の取り組みを示すものだ」と説明した。

ロールズは今年、プロジェクトのために用地などを購入していた。

原題:Obama Blocks Chinese-Owned Company on Oregon Wind Farms Project(抜粋)

--取材協力:Jasmine Wang、Paul Tighe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE