米規制当局に不利な判断-商品投機規制めぐる裁判で連邦地裁

2010年に成立した米金融規制改革法 (ドッド・フランク法)に基づく投機的な商品取引規制をめぐる裁判 で、米連邦地裁は28日、新たな規制導入のための当局のプロセスに問題 があるとの判断を下した。米商品先物取引委員会(CFTC)は昨年10 月、商品投機規制案を賛成3、反対2で承認、10月12日に発効する予定 になっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。