イランの核兵器開発阻止で一致-米・イスラエル首脳

オバマ米大統領は28日、イスラエル のネタニヤフ首相と電話で会談し、イランの核兵器開発を阻止する目標 で「完全に意見が一致」した。ホワイトハウスが発表した。一方、米共 和党の大統領候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事はオバマ政権の 中東政策をあらためて批判した。

オバマ大統領は20分にわたってネタニヤフ首相と意見を交換。ホワ イトハウスは声明で、米国とイスラエルの同盟は揺るぎのないものだと 指摘した。

一方、ロムニー氏も同日、ネタニヤフ首相と電話で会談。会談後に ロムニー氏は記者団に、イランの核問題が外交によって解決されること を望んでいるが、軍事的行動を排除すべきではないと述べた。ロムニー 氏は、ネタニヤフ首相が国連総会出席のため訪米した際に、オバマ大統 領が同首相と会談しなかったことを繰り返し批判している。

原題:Obama Confers With Netanyahu as Romney Faults Mideast Policy (1)(抜粋)

--取材協力:Hans Nichols、Lisa Lerer、Calev Ben-David、Joe Sobczyk.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE