NY金:反落、ドル上昇で代替投資需要弱まる-週間でも下げ

ニューヨーク金先物相場は反落。ド ルが上昇し、代替投資としての金需要が弱まった。

世界的な景気減速懸念を背景に、ドルは主要通貨バスケットに対し て最大0.6%上げた。金は7-9月(第3四半期)に11%上昇、2010年 6月以来の大幅高となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が追加 緩和を発表したため、インフレが加速し、ドルが下落するとの懸念が強 まった。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ドルの強さが金を抑制し ている。過去数週間、相場が上昇していたため、利益確定の動きもあ る」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.4%安の1オンス=1773.90ドルで終了した。週間で は0.2%安と、6週間ぶりに下げた。

原題:Gold Declines in N.Y. as Stronger Dollar Crimps Investor Demand(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE