スペインの銀行の資本不足額は593億ユーロ-ストレステスト

スペインの銀行の資本不足額は 計593億ユーロ(約5兆9500億円)であることが、28日公表のストレス テスト(健全性審査)の結果で分かった。政府は不動産バブル破裂で揺 らいだ同国金融業界への信頼回復を目指し、ストレステストを実施し た。

コンサルティング会社オリバー・ワイマンの審査結果によると、国 営化されたバンキア・グループの資本不足は247億ユーロ。ポプラー ル・エスパニョール銀行の不足額は32億2000万ユーロだった。14行を対 象とした同テストで、資本不足なしと判断されたのはサンタンデール銀 行とビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、サバデル 銀行を含め7行だった。スペイン銀行(中央銀行)と経済・競争力省が 共同声明で結果を発表した。

スペイン政府は、銀行救済のための最大1000億ユーロの資金支援で 欧州各国と合意している。外部機関による銀行のストレステスト実施 は、合意した条件の1つだった。同国の金融システムは不動産関連 で1800億ユーロ余りの損失を抱えている。スペインが3年連続でマイナ ス成長になった場合を想定して銀行の必要資本額を算定した今回のテス トには、より幅広い救済を欧州に求める場合に備え、銀行セクターを含 む経済の再建を進めているとアピールしたい政府の姿勢も見え隠れす る。

ベレンベルク銀行(ロンドン)のチーフエコノミスト、ホルガー・ シュミーディング氏はテストについて、「スペインにとって重要な手順 だ。ただ、市場には常に、数字を疑問視する人間がいるだろう」と話し た。

前回の結果下回る

銀行の資本不足額の合計は、6月発表の前回のテスト結果が示し た620億ユーロを下回った。今回発表の593億ユーロには、進行中の合併 の影響や繰り延べ税資産は含まれない。これらを含めれば不足額は537 億ユーロだという。

審査結果によると、資本が不足していたのはほかに、国営化された カタルーニャバンクなど。ウニカハとカイシャ銀行、シビカ銀行、バン キンテルの資本には不足がなかった。

ラホイ政権は27日に2013年予算案を公表。公務員給与の凍結や住宅 ローン関連の税払い戻しの廃止、宝くじ賞金への課税、省庁の支出削減 などを盛り込んだ緊縮予算だった。スペインは来年の財政赤字を対国内 総生産(GDP)比で4.5%と、12年目標の6.3%からさらに低下させる 計画だ。

政府は今年2月と5月に、不動産関連で840億ユーロ相当の損失を 新たに認めるよう銀行に命じていた。8月には経営難銀行への対応と不 良債権引き受けのバッドバンク設立のための法的枠組みも備えた。

ストレステスト結果発表後に経済・競争力省のラトーレ経済担当次 官は、スペインが銀行支援で欧州から必要とする資金は約400億ユーロ と、ストレステストで判明した資本不足額の593億ユーロを下回りそう だとの認識を示した。最終的な額を決定するには時期尚早なものの、支 援要請額は資本不足額の3分の2程度の規模で済むだろうと述べた。

また、スペイン銀行(中央銀行)のレストイ副総裁は記者会見で、 バッドバンクによって必要資本額が減ると話したほか、一部の銀行は自 力で資本を調達できるとの見通しも示した。

原題:Spain Banks Have $76 Billion Capital Deficit in Stress

--取材協力:Angeline Benoit、Sharon Smyth、Manuel Baigorri.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE