スペイン:資本逃避続く-非居住者投資収支が17カ月連続出超

スペインの7月の経常収支で、非居 住者投資収支は1年5カ月連続の出超になった。

非居住者は7月に、スペインの株式と債券への投資108億ユーロ (約1兆800億円)を引き揚げた。前年同月は79億ユーロの流出だっ た。スペイン銀行(中央銀行)が28日発表した。1-7月での流出額 は957億ユーロと、前年同期(219億ユーロ)の4倍超となった。

借り入れコスト上昇で欧州中央銀行(ECB)の国債購入に道を開 く救済要請は避けられないとみられる中、ラホイ政権は27日、発足以来 の9カ月で5弾目の緊縮パッケージと、競争力強化に向けた法整備の計 画を明らかにした。43の法を今後半年の間に成立させる方針。救済を要 請した際に厳しい条件を課されるのを避ける狙いとみられる。

また、公債当局によると、スペイン債の非居住者の保有割合は7月 に34.8%と、2011年末の51.5%から低下していた。

原題:Foreign Portfolio Investment Flees From Spain as Bailout Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE