中国人民元:対ドルで上昇、93年以後の高値-景気刺激策観測

中国人民元は28日、ドルに対して19 年ぶりの高値に上昇した。中国当局が7四半期連続の景気減速を食い止 めるための対策を強化するとの見方が広がった。

中国人民銀行(中央銀行)は、元の中心レートを8月22日以来の大 きさで引き上げた。これを受け、元は6カ月ぶりの大幅上昇となった。 人民銀は今週、来週の大型連休前を控えた現金不足に対応するため、過 去最大規模の資金供給を実施した。

東亜銀行の外国為替アナリスト、ケニックス・ライ氏(香港在勤) は、「中国が成長回復に向け一段と積極的にすぐに行動するとの期待か ら市場に資金が戻ってきている」と指摘。「政府が長期の連休前または 連休の最後に重要な政策を発表するとの期待が常にある。株式相場も刺 激策をめぐる観測から上昇している」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場 で前日比0.28%高の1ドル=6.2849元で引けた。7-9月(第3四半 期)では1.1%上昇している。28日には一時6.2835元と、中国が公式・ 市場為替レートを1993年末に統合した後の高値を付けた。

ブルームバーグが集計したデータによると、元の1年物ノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は前日比0.19%高の6.4065元。香港のオ フショア市場では、元は同0.19%高の6.3010元。

原題:Yuan Rises to Strongest Level Since 1993 on China Stimulus Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE