NY外為(28日):ユーロが対ドルで下落-リスク需要が後退

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対して下落。製造業景況指数や消費者マインド指数が市場 予想を下回ったことで、高リスク資産の需要が低下した。

ただスペインが救済を要請するとの観測が広がる中、同国が実施し た銀行ストレステストで資本不足額が計593億ユーロと当初予想よりも 小幅にとどまったことに反応し、ユーロは下げを縮めた。ドルは主要16 通貨の大半に対して上昇。米シカゴ購買部協会が発表した9月の製造業 景況指数は、活動の拡大と縮小の境目を示す50を3年ぶりに下回った。 中国人民元は対ドルで1993年以来の高値に上昇した。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は電話取材で、「スペイ ンのストレステストの結果で世界の成長懸念が緩和されるとの見方に、 私は懐疑的だ」とした上で、「ユーロ圏の救済基金のための火力はある 程度維持できるだろう。これはユーロにとってプラスととらえられる」 と述べた。

ニューヨーク時間午後3時57分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.5%安の1ユーロ=1.2851ドル。一時0.4%高となる場面もあった。 対円では0.1%上げて100円30銭。ドルは円に対して0.6%上昇し1ドル =78円05銭。

ユーロの値下がり

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、ユーロは年初以 降3.4%下落と、先進10カ国中で円に次いで2番目に大きい下げとなっ ている。ドルは2.5%安。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替戦略世界責任者、マーク・ チャンドラー氏は電話取材で、「弱い経済指標が株式市場の重しとな り、そこからリスクオフの環境が生まれ、ユーロが打撃を受けつつあ る」と分析。「単にユーロだけではない。幅広く値下がりしている」と 続けた。

ニュージーランド(NZ)ドルは今月、米ドルに対し3.2%上昇 と、主要通貨中で最大の上げ。一方で最も上昇率が小さいのはブラジ ル・レアルで0.2%高にとどまった。

7-9月(第3四半期)では、スウェーデン・クローナが5.4%高 と主要通貨中で最大の上昇。一方で南アフリカ・ランドは1.9%安と最 大の下げとなっている。

JPモルガン・チェースによると、主要7カ国(G7)通貨のイン プライド・ボラティリティ(IV)指数は7.73と、2007年10月以来の低 水準を付けた。

経済指標

シカゴ購買部協会が28日発表した9月のシカゴ地区の製造業景況指 数(季節調整済み)は49.7と、前月の53から低下した。ブルームバー グ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値は52.8だった。

9月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は78.3と、前月の74.3から上昇した。速報値の79.2から下方修正 された。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は79.0だった。

GFTマーケッツの市場ストラテジスト、ニール・ギルバート氏 は28日付のリポートで、「指標の内容がかなり悪かったことからリスク 敬遠が強まり、逃避先のドルを求める動きが広がっている」と指摘し た。

人民元は上昇。中国当局が景気減速を食い止めるための対策を強化 するとの見方が広がった。元は一時0.3%高の1ドル=6.2835元。

原題:Euro Falls Against Dollar as Economic Data Limits Risk Demand(抜粋)

--取材協力:Fion Li、Kyoungwha Kim、Emma Charlton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE