カンザス連銀総裁:金融規制改革法でも銀行救済は終わらない

米カンザスシティー連銀のジョージ 総裁は28日、米金融規制改革法(ドッド・フランク法)に基づく改革が 金融機関の監督を過度に複雑にしていると述べ、税金による銀行救済を 終わらせることはできないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。