仏ルイ15世の愛人が保有していた日本製の机、競売に出品へ

クリスティーズ・インターナショナ ルが12月に開くオークションで、フランス国王ルイ15世の愛人、ポンパ ドール侯爵夫人(1721-64)がかつて保有していた日本製の漆塗り机が 高値を付けると予想されている。このオークションの売上高の総額 は3200万ドル(約24億8000万円)と見込まれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。