インド:今年度の国債発行計画を維持-赤字削減に取り組む

インド政府は、財政赤字削減への取 り組みを強化し、今年度下期の国債発行目標を当初計画通りに据え置い た。

インド財務省経済局のアービンド・マヤラム局長は27日にニューデ リーで記者団に対し、2012年10月-13年3月(下期)の国債発行が2兆 ルピー(約2兆9000億円)規模になることを明らかにした。従来計画を 維持することになる。インド準備銀行(中央銀行)のデータによれ ば、12年4月-9月(上期)は3兆7000億ルピーになる見通し。

インドの財政赤字は主要新興国の中で最大。成長鈍化で税収に影響 が生じている上、各種補助金で歳出が膨らんでいることが背景にある。 政府は財政赤字の対国内総生産(GDP)比率を昨年の5.8%から5.1% に引き下げる目標を掲げるが、その実現が危ぶまれている。政府は今 月、ディーゼル油の価格引き上げを決めた。

ムンバイに本拠を置くブローカー、IIFLのエコノミスト、アシ ュトシュ・ダタール氏は「成長が鈍化すれば財政赤字削減目標の達成は 非常に困難になり、政府が後で追加的に債券を発行する必要が出てくる だろう」と指摘。発行規模が増えれば債券利回りに悪影響が及ぶ可能性 があると述べた。

ブルームバーグが27日の財務省発表以前に集計した市場関係者8人 の予想中央値では、今年度の国債発行は政府目標の5兆6900億ルピー を5000億ルピー程度上回るとみられている。

原題:India Retains Borrowing Goal as It Tackles Widest BRIC Deficit(抜粋)

--取材協力:Kartik Goyal、John Chacko.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE