アジア株:もみ合い、世界減速懸念くすぶる-月間では上昇へ

28日のアジア株式相場はもみ合い。 スペインが財政赤字の削減目標達成に向けて前進し、欧州債務危機の拡 大阻止につながるとの楽観的な見方が出た一方で、世界経済の減速の兆 しが重しとなった。指標のMSCIアジア太平洋指数はこのままいけば 月間ベースで6月以来最大の上げとなる。

スペインのラホイ政権が5回目となる財政緊縮策を発表したこと で、欧州で港湾を運営する香港のハチソン・ワンポアは1.2%高。韓国 航空宇宙産業は15%高。現代重工業が同社株取得を提案したことが好感 された。一方、日本の鉱工業生産指数の下落率が市場予想を上回ったこ とでSMCが下げた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時10分現在、前日 比0.2%高の122.78。一時は0.1%下げる場面もあった。今月に入ってか らは4.3%上昇している。日経平均株価の終値は79円71銭(0.9%)安 の8870円16銭。

野村証券の若生寿一シニアストラテジストはスペインについて、 「地方政府の力が強いため、中央政府が地方政府の反対を押し切って緊 縮策を出せるかどうか、懸念があった」とし、今回緊縮策をまとめられ たことは「スペイン情勢をめぐる悪循環が避けられたという点でプラ ス」と見ていた。

原題:Asian Stocks Swing Between Gains, Losses Amid Economy Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE