【日本株週間展望】緩和陶酔一巡し続落、円・中国・業績と懸念山積

10月1週(1-5日)の日本株は 続落しそうだ。主要国の金融緩和連鎖に対する歓迎ムードが弱まる一 方、円高傾向、日中関係の緊張長期化が実体経済、企業業績に与える ダメージに警戒感が強まってきた。相場は今年度下期に入るが、早々 の新規投資資金の流入は見込みづらい。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。